【Android Studio】エミュレーターの日本語入力と漢字変換【日本語】

Androidのエミュレーターでの日本語入力と漢字変換の方法について記載していきます。

“Japanese IME”が存在しない場合の方法も記載します。

本記事の前提として、Androidのエミュレーターが作成済であることとします(エミュレーターの作成方法はこちら

他のプログラミングに関する記事はこちら

スポンサーリンク


 

1.まずはじめに、エミュレーターを日本語対応させます。

エミュレーターを起動後、赤●の箇所から上方向にドラッグしてホーム画面を表示させます。

 

2.Settingsアイコンをクリックします。

 

3.Systemをクリックします。

 

4.Languages & inputをクリックします。

 

5.Languagesをクリックします。

 

6.+Add a languageをクリックします。

 

7.一覧から日本語(日本)を選択します(以下図では上の方にありますが、初めて設定する場合は大分下の方にあったような気がします)

 

8.追加された「日本語(日本)」の右のアイコンをクリック→ドラッグし、1番先頭に持っていきます。

 

9.こうなればOKです(1が日本語(日本)になっています)

この時点で、Androidエミュレーターの表記が全体的に日本語に変わります。

 

スポンサーリンク


 

10.エミュレーターが日本語化されたので、次に日本語入力が出来るようにしていきます。

一旦「戻る」ボタンで戻ります。

 

11.仮想キーボードをクリックします。

 

12.キーボードを管理をクリックします。

 

13.以下図の赤枠のあたりに「Japanese IME」という項目があれば、それをクリックして有効にしてあげれば、日本語入力が出来るようになるっぽいです。

が、私の場合は「Japanese IME」の項目がなかったのと、この時点で日本語入力はできましたが漢字変換が出来なかったため、次以降の作業を行いました。

 

14.ホーム画面にあるPlay ストアをクリックします。

※エミュレーター作成時にGoogle playもセットでダウンロードしていない場合はホームにPlay ストアがないかも……。もしない場合は、エミュレーターをGoogle play付きで作成する必要があるとおもいます

 

15.ログインをクリックします。

 

16.Googleアカウントでのログインが求められるので、指示に沿ってログインします。

※もしGoogleアカウント(gmail)がなければこれを期に作りましょう。無料ですし、Androidで開発する上では作って損はないです

 

17.ログイン完了後、検索ウィンドウに「google nihongo」と入力します。

その検索で出てくる「Google 日本語入力」をインストールします。

エミュレーターでのアプリインストールは「インストールしてるのか?」と疑問に思うほどゆっくりされるので、気長に待ちましょう。

 

18.インストール後、ホーム画面に追加された「Google 日本語入力」をクリックします。

 

19.設定で有効にするをクリックします。

 

20.Google 日本語入力をクリックして有効にします。

 

21.Google日本語入力を有効にすると以下画面が表示されます。

続いて、入力方法を選択するをクリックします。

 

22.日本語をクリックします。

 

23.これで漢字変換が出来るようになります(予測変換もされるようになります)

 

他のプログラミングに関する記事はこちら

スポンサーリンク