【日本語】SMITE -アイテム編-【攻略】

DotA(MOBA)系ゲーム「SMITE」について、徹底攻略していきます。

尚、本記事はアイテム編です。

アイテムに関する基礎的なことを掲載しています。

※アイテムの一覧についてはこちらからどうぞ

※基本編についてはこちらからどうぞ

※ゴッド編についてはこちらからどうぞ

スポンサーリンク

はじめに

本記事はSMITEのアイテムに関する基礎的なことが書かれています。

各アイテムの一覧が見たい、という方は以下記事をご参照ください。

アイテム効果一覧

DotA(MOBA)系ゲーム「SMITE」のアイテムを効果も含めて一覧で紹介します。 遺物(レリック)、消耗アイテム、スターター、共通、フィジカル(物理)用、マジカル(魔法)用、の6種類に分けて紹介します。 ※2021年05月時[…]

 

アイテムの基本

アイテムを購入するためには、自分の陣地でIキー(初期設定)を押しショップを表示する必要があります。

※自分の陣地以外でもショップを表示することは可能ですが、アイテムの購入は自分の陣地内でなければ出来ません

 

このショップの画面は、上部のタブで切り替えることが可能です。

 

推奨には、自分の使っているゴッドにオススメのアイテムが表示されます。

ゲームに慣れないうちは「推奨」のアイテムの中から購入するので問題はありません。

 

また、推奨のアイテムからアイテムを買う場合には、まずコアに分類される3アイテムを購入し、後は攻撃寄りにしたい場合は「ダメージ」の枠から、防御寄りにしたい場合は「防御的」の枠からそれぞれ買えばいいかなと思います。

尚、ゲームに慣れてきたら自分で好きに選んでアイテムを購入していった方が断然よいです。

その方が、SMITEの面白さも跳ね上がります。

 

自分の欲しいアイテムを自分で選んで買う場合には、上部のタブから「すべてのアイテム」を選択し切り替えます。

 

全てのアイテムの画面では、欲しい分類のアイテムを買うためにフィルターをかけることが可能です。

※以下図では消耗アイテムのみを表示させるようにフィルターをかけています

 

ここで1点だけ注意があります。

もしフィルターをもう一度かけなおしたい場合は、前にかけたフィルターを外してからフィルタリングする必要があります。

 

例えば、以下図の通り消耗アイテムのみを表示させるようなフィルターをかけていたとします。

 

この状態から「パワー」に関するアイテムのフィルターをかけようとしてもフィルターが掛かりません。

「パワー」に関するアイテムのフィルターをかけたいのであれば、1度消耗アイテムのフィルターを外してからフィルターを掛ける必要があります。

 

尚、稀に以下図の通り「パワー」と「物理」等、複数のフィルターを同時にかけられる場合があります。

 

しかしこれは、

×「パワー」に関するものと、「物理」に関するものが表示されている

○「パワー」にも「物理」にも関するアイテムが表示されている

なので勘違いしないように気をつけましょう。

人によっては「OR検索ではなくAND検索になってる」の一言の方がわかりやすいかもしれません。

スポンサーリンク

アイテムの種類

SMITEのアイテムは大きく分けて以下の3種類です。

・遺物(レリック)

・消耗アイテム

・アイテム

それぞれのアイテムの特徴については以下の通りです。

遺物(レリック)

Lv1(最初)から1つ無料で購入できます。

Lv12になると更にもう1つ無料で購入できます。

遺物は500ゴールド支払うことでアップグレード(効果が強くなる)させることが可能です。

アップグレードさせなくても使うことが出来ます。

 

また、購入した遺物は初期設定としてFキー、またはGキーで使うことが可能です。

1度使ったら再度使用可能になるまでクールタイムが発生しますが、何度でも使うことが出来ます。

遺物は効果が強いものが多いため、必ずゲーム開始時に1つ、Lv12になった後にもう1つ購入するようにしましょう。

消耗アイテム

使うとなくなるアイテムです。

効果は主にHPやMPの回復です。

他に特筆すべき効果としては、LOL等の他のMOBA系をやっている方には馴染みが深いであろう「ワード」もこのジャンルに分類されます。

ちなみに「ワード」とは、設置した場所の周囲の視界を一定時間得ることが出来るアイテムです。

 

ちなみに「視界」とは。

 

SMITEはゲーム画面右側にあるミニマップで相手ゴッドや味方ゴッドの位置を把握することが可能です。

 

しかし、このミニマップに表示される相手ゴッドの位置は「視界」に入っているゴッドのみです。

ゲームモードの「アリーナ」では重要ではありませんが、「コンクエスト」や「ジョスト」といったジャングルエリアのあるゲームモートでは相手ゴッドの位置は超重要になってくるため、必然的に「ワード」も重要アイテムとなってきます。

アイテム

アイテムは6つまで持つことが可能です。

アイテムには攻撃力を上げたり防御力を上げたり特殊な効果を付与したり、とても色々な種類のアイテムが存在します。

この6つのアイテムをどのように買い揃えるか決めることをビルドと言います。

 

攻撃スキルが潤沢にあるゴッドで攻撃力を上げるアイテムを買い超攻撃的にする

とか。

攻撃スキルは潤沢にあるのだから攻撃はスキルに任せてアイテムは防御力を上げるものを買いバランスをよくする

とか。

 

ゴッドの特性 x ビルドを考えるのがSMITEの醍醐味です。

 

ちなみに、SMITEの特徴でゴッドのタイプは「物理」か「魔法」かに分類されます。

そして、「物理」のゴッドは「フィジカル(物理)用」のアイテムが購入出来ますが、「マジカル(魔法)用」のアイテムは購入出来ません。

逆に、「魔法」のゴッドは、「フィジカル(物理)用」のアイテムが購入出来ますが、「マジカル(魔法)用」のアイテムは購入出来ません。

 

もしも、

買いたいアイテムがあるのに、どこを探してもないじゃないか!

といった現象に陥った場合、自分の使っているゴッドのタイプが関係している場合があります。

私は最初、よく「魔法」のゴッドで「フィジカル(物理)」用のアイテムを購入しようとして、この状態に陥ってました(笑)

なので、自分の使うゴッドのタイプを含め、どのようなビルドにするのかはよく考えて購入しましょう。

 

SMITEのアイテム一覧は以下記事で紹介しています。

アイテム効果一覧

DotA(MOBA)系ゲーム「SMITE」のアイテムを効果も含めて一覧で紹介します。 遺物(レリック)、消耗アイテム、スターター、共通、フィジカル(物理)用、マジカル(魔法)用、の6種類に分けて紹介します。 ※2021年05月時[…]

スポンサーリンク