SMITE -アポロン考察-【DotA系ゲーム】

DotA(MOBA)系ゲーム「SMITE」のゴッド「アポロン(apollo)」について考察・攻略していきます。

 

※日本語で出来る限り詳細に説明していきます

※他のゴッドについてはこちらからどうぞ

※SMITEの基本編についてはこちらからどうぞ

※SMITEのアイテム編についてはこちらからどうぞ

スポンサーリンク

ゴッド名

アポロン(apollo)

タイプ

ハンター(物理)

概要

逃げに使えるアビリティが潤沢にあるハンターです。

というか、1番以外のアビリティが全て逃げに使えるので、ハンターの中ではかなりの生存率を誇るゴッドです。

反面、敵に簡単にダメージを与えられるようなアビリティがないことやパッシブアビリティの性能から、他のハンターよりも更に基本攻撃を当てることが重要になってきます。

基本は1番と基本攻撃で相手を攻撃し、危なくなったら2番(+3番4番)で逃げ、相手を倒しきれる状態であれば3番か4番で追撃……といった感じになると思います。

アビリティ詳細

【パッシブアビリティ】

備考 基本攻撃を10回当てる毎に、次の基本攻撃5回分の攻撃速度を100%上昇させる。
コメント
説明文は「基本攻撃」となっていますが、アビリティでダメージを与えても1回分にカウントされます(バグ?)

ちなみに、攻撃速度があがっている5回の基本攻撃を当てても、「基本攻撃を10回」の10回には含まれません。

なので、基本攻撃を当て続けたからといって、10回中常に5回が攻撃速度が速くなっている……ということはないです。

とはいえ、先述の通りアビリティでダメージを与えても1回にカウントされるため、発動は意外とさせやすく、効果も強いです。

【1番アビリティ】

効果範囲 前方
ダメージ 90/150/210/270/330(+攻撃力の80%)
備考  
コメント
単純なダメージアビリティです。

ミニオン処理や牽制、ダメージソースの一部として、単純な分使いどころを選ばないアビリティです。

パッシブアビリティで説明した通りアビリティでダメージをあててもパッシブアビリティの効果を得られるため、仮にこの1番アビリティで10体分の敵を一度に攻撃出来ると、それだけで次の基本攻撃5回分の攻撃速度が上昇します。

【2番アビリティ】

効果範囲 自身周辺
物理防御、魔法防御上昇量(持続時間) 10/15/20/25/30(5秒)
CC(持続時間) 睡眠(1.2 / 1.4 / 1.6 / 1.8 / 2.0秒)
備考 自身周辺に睡眠を与える。

その後、防御力が上昇する。

コメント
逃げに使えるアビリティです。

敵のアサシンやウォリアーに狙われた際には、2番をうって逃げると安全に逃げれます。

睡眠は攻撃をしてしまうと効果がとけるため、攻めには使いづらいアビリティです。

【3番アビリティ】

効果範囲 前方
ダメージ 70/115/160/205/250(+攻撃力の60%)
移動速度上昇量(持続時間) 10 / 12.5 / 15 / 17.5 / 20%(3秒)
移動速度減少量(持続時間) 10 / 12.5 / 15 / 17.5 / 20%(3秒)
備考 使用後、前方に突進し、その間に触れた敵全てにダメージを与える。

突進が終了すると、自身の周囲の味方には移動速度上昇を、敵には移動速度低下を与える。

コメント
逃げに使えるアビリティその2です。

しかし、こちらはその効果から、攻めにも使いやすい性能になっています。

1番アビリティ同様、このアビリティで複数の敵にダメージを与えれば、簡単にパッシブアビリティの恩恵を受けることが出来ます。

【4番アビリティ】

効果範囲 指定した範囲
0.2秒毎のダメージ 70/95/120/145/170(+攻撃力の30%)
備考 使用後、空中に飛び上がる。

空中でエリアを指定すると、そのエリアに着陸しながら0.8秒間の間、0.2秒毎にダメージを与える。

着地時に指定したエリアにいた敵には、更にノックアップを与える。

コメント
使用してから空中に飛び上がるまでは若干の溜めがありますが、その間はCCは無効です。

それとダメージ自体はそこまででもないことから、逃げに使ってもいいULTアビリティだと感じます。

空中に飛び上がっている間はもちろん無敵なので、弱って遥か後方に逃げていった敵の追撃に使えたりもします。

ちなみに、1番3番同様、このアビリティでダメージを与えてもパッシブアビリティの恩恵を受けることが可能です。

相性のよさそうなアイテム

・エクセキューショナー

・トランセンド

・秦の釵

※他のゴッドについてはこちらからどうぞ

スポンサーリンク