SMITE -女娃考察-【DotA系ゲーム】

DotA(MOBA)系ゲーム「SMITE」のゴッド「女娃(jing-wei)」について考察・攻略していきます。

 

※日本語で出来る限り詳細に説明していきます

※他のゴッドについてはこちらからどうぞ

※SMITEの基本編についてはこちらからどうぞ

※SMITEのアイテム編についてはこちらからどうぞ

スポンサーリンク


 

女娃(jing-wei)

【タイプ】

ハンター(物理)

 

【概要】

基本攻撃の命中率が大事なハンターです。
他のハンターでも基本攻撃の命中率は大事ですが、女娃は当てやすいダメージアビリティがないことと基本攻撃のバフが多いことから、より重要になります。
基本は1番でミニオン処理や牽制し、交戦時には2番で基本攻撃を強化してダメージを与える感じになると思います。
3番は逃げ用に温存しておきたいところですがバフ効果が優秀なので、追撃に使えるようになったら更に活躍できるようになると思います(デスが増えてしまうようであれば逃げ用に割り切って使った方がいいです)
4番はダメージを与えつつ逃げれるので、戦地から離脱する際や少し強引に追撃することも可能です。

 

【パッシブアビリティ】

味方陣地から出るとしばらくの間空中を飛びあがり、障害物を抜けることが出来ます。

(一言コメント)

正直なところ、あまり使い道のないパッシブアビリティです。
デスしてしまった後に早く戦地に戻れますが、無理をして早く戻って再度デスする……ということがざらにあるため、気を付けたいところ。
爽快感はあります。

 

【1番アビリティ】

6秒間の間、指定したエリアに突風を作ります。
作り出した瞬間に当てればダメージを与えます。
また、突風に触れている間は1秒毎に持続でダメージを与えます。
自身が突風に触れると空中に一瞬浮き、7秒間攻撃速度が上昇します。

初回あてたときのダメージ 90/140/190/240/290(+攻撃力の90%)

1秒毎のダメージ 10/20/30/40/50(+攻撃力の5%)

攻撃速度上昇量 20/25/30/35/40%

(一言コメント)

ダメージ量は高いですが、突風発生時にあてないとダメージが発生しないようです。
自分が触れると攻撃速度上昇することと、この1番で浮いているときに3番を使うと移動距離が延びることから、3番と合わせて追撃に使うのもかっこいいです。

 

【2番アビリティ】

次の3回分の基本攻撃の攻撃範囲を広げ、影響範囲を広げます。
また、クリティカル率が上昇します。

クリティカル率上昇量 0/5/10/15/20%

(一言コメント)

基本攻撃の攻撃範囲を気持ち広くするため、若干あてやすくなります。
ネタ感ありますが、基本攻撃を3回使うまでは効果がきれないこと、使った後はクールダウン状態になることから、これを使ってクールダウンが解消するのを待ち、3回基本攻撃→2番使用→3回基本攻撃とすることで6回連続で強化できたりします。

【3番アビリティ】

指定した方向にダッシュし、4秒間攻撃力と移動速度を上昇させます。
1番で浮いているときに使うと、攻撃力と移動速度の上昇量が増加します。

攻撃力増加量 10/15/20/25/30

移動速度増加量 15%

浮いたときに使った場合の攻撃力増加量 20/25/30/35/40

浮いたときに使った場合の移動速度増加量 25%

(一言コメント)

逃げ兼追撃用アビリティです。
バフ効果がいいため追撃に使いたいところですが、もし4番が使えない状態であれば無理な追撃は返り討ちにあうことが高いためオススメしません。
1番を利用して空中にいるときに使うことで、全体的な効果が上昇します。

 

【4番アビリティ】

溜め後、前方広範囲にダメージを与えつつ空中へ2秒間飛びあがります。
空中にいる間に位置を指定すると、そこに降り立ちます。

ダメージ 220/310/400/490/580(+攻撃力の0%)

(一言コメント)

+攻撃力の0%とありますが、検証したところアイテムでの攻撃力増加分はそのまま乗るようです。
それでも、攻撃範囲は広いですがダメージ量はULTにしては低いので、どちらかというと戦線離脱用のアビリティのような気がします。
これさえ発動できれば、大抵戦地から離脱できるので、ULTがあるときは気持ち強気に攻めることが可能です。

 

【相性のよさそうなアイテム】

・毒の刃(攻撃速度&貫通上昇、基本攻撃ヒット時に相手のHP回復量を減少)

・デスブリンガー(クリティカル率上昇&クリティカルダメージ増加)

・レイジ(クリティカル率上昇)

・エクセキューショナー(攻撃速度上昇、基本攻撃ヒット時相手の防御力を減少)

 

※他のゴッドについてはこちらからどうぞ

スポンサーリンク