SMITE -ネート考察-【DotA系ゲーム】

DotA(MOBA)系ゲーム「SMITE」のゴッド「ネート(neith)」ついて考察・攻略していきます。

 

※日本語で出来る限り詳細に説明していきます

※他のゴッドについてはこちらからどうぞ

※SMITEの基本編についてはこちらからどうぞ

※SMITEのアイテム編についてはこちらからどうぞ

スポンサーリンク


 

ネート(neith)

【タイプ】

ハンター(物理)

 

【概要】

チュートリアルで使うキャラで、最初から使えるゴッドです。
1番の長時間ルートや、2番の回復、3番の逃げや、4番の使いどきがわかりやすいULTと、チュートリアルキャラだけあって使いやすいハンターだと感じます。
基本は攻撃速度と攻撃力に特化させ、1番のルートからの基本攻撃連打です。
2番は回復したいときやミニオン処理に、3番は逃げ時に使用します。
4番はHPが減った敵にトドメを指すように使うか、スタンを与えたい敵に向かって打ちます。

 

【パッシブアビリティ】

敵ゴッドがデスした場所に織りが現れます。
この織りは各アビリティに追加効果を与えます。

織り持続時間 1分

(一言コメント)

ネートを本気で使うなら、この「織り」をうまく使う必要があると感じます。
が、特に意識しなくても最初は別によいと感じます。
使うとしたら2番を当てて回復に使うのが使いやすいです。

 

【1番アビリティ】

直線状(貫通)にダメージとルートを与えます。
織りにあてると爆発し、周囲に攻撃力の100%のダメージとルートを与えます。

ダメージ 90/155/220/285/350(+攻撃力の90%)

ルート時間 1.2 / 1.4 / 1.6 / 1.8 / 2秒

(一言コメント)

ルートは相手を移動できなくする状態異常で中々の性能です。
織りを使えば範囲長時間ルートという強アビリティに化けますが、織りの近くに敵が密集してることはほぼないので狙わなくていいと思います。
ネートはこの1番を起点に基本攻撃を畳みかける戦法がいい感じです。

 

【2番アビリティ】

指定した範囲にダメージと攻撃速度低下を与えます。
更にダメージを与えた敵(最大3人分)につき自分のHPを回復させます。
織りにあてると回復効果がアップします。

ダメージ 70/100/130/160/190 (+攻撃力の80%)

攻撃速度低下 30%

攻撃速度低下時間 2/3/4/5/6秒

敵に当てた時の回復量 20/35/50/65/80(+攻撃力の15%)

織りに当てた時の回復量 40/70/100/130/160(+攻撃力の30%)

(一言コメント)

ネートの持つ範囲攻撃アビリティです。
あてるとHP回復の効果がありますので、着実に持続力を高めてくれるアビリティでもあります。
織りに当てるとより多くのHPが回復するので、もし近くに織りがあった場合には狙うといいです。

 

【3番アビリティ】

前方にダメージとスロウを与えながら後ろに大きく後退します。また、攻撃した箇所に織りを発生させます。

ダメージ 80/120/160/200/240 (+攻撃力の80%)

スロウ 25%

スロウ持続時間 2.5 / 3 / 3.5 / 4 / 4.5秒

(一言コメント)

任意の場所に織りを発生させることが出来る&逃げに使いやすいアビリティです。

 

【4番アビリティ】

味方含む視界内にいる敵ゴッドを指定してダメージとスタンを与えます。
このアビリティを使った時には「溜め」の時間がありますが、すぐに発射することも可能です。
その場合は威力が落ちます。

ダメージ 230/295/360/425/490 (+攻撃力の120%)

スタン 1.5秒

(一言コメント)

射程が味方含む視界内全てなので、右レーンにいながら左レーンの敵を攻撃することも可能です。
とどめに使われることが多いですが、スタンがせっかくあるので援護的な使い方もありかなぁ、と感じます。
近くに寄ってきた敵に対して4番でスタン→1番でルート→基本攻撃連打とか、そういった使い方も可能です。

 

【相性のよさそうなアイテム】

・トランセンド(攻撃力上昇)

・タイタンズペイン(物理攻撃の貫通上昇量が高い)

・アタランテの弓(移動速度&攻撃速度上昇)

 

※他のゴッドについてはこちらからどうぞ

スポンサーリンク