SMITE -ネメシス考察-【DotA系ゲーム】

DotA(MOBA)系ゲーム「SMITE」のゴッド「ネメシス(nemesis)」ついて考察・攻略していきます。

 

※日本語で出来る限り詳細に説明していきます

※他のゴッドについてはこちらからどうぞ

※SMITEの基本編についてはこちらからどうぞ

※SMITEのアイテム編についてはこちらからどうぞ

スポンサーリンク

ゴッド名

ネメシス(nemesis)

タイプ

アサシン(物理)

概要

基本攻撃で戦うアサシンで最初から選択することが可能なゴッドです。

各アビリティが基本攻撃で殴り合うことで有利になるアビリティですので基本攻撃で殴り合うのが主な運用となります。

優秀な移動アビリティがあるので機動性も高いですし、耐久力もアサシンの中では割とあります。

しかし、瞬間火力で見ればそこまで高くないです。

耐久力が低めな分、機動力と攻撃力をあげたウォリアーみたいな感じです。

アビリティ詳細

【パッシブアビリティ】

備考 基本攻撃を当てるごとに相手の攻撃力と魔力を下げ、ネメシスの攻撃力を上昇させる。

この効果は3つまで重複する。

1ヒットあたりの攻撃力と魔力の減少量 7%

1ヒットあたりの攻撃力上昇量 7%

効果時間 5秒

コメント
ネメシスが基本攻撃の殴り合いに強い理由1つ目です。

相手を殴れば殴るほど相手の攻撃力が下がり、こちらの攻撃力があがります。

最大で相手の攻撃力を21%減少させ、こちらの攻撃力が21%上昇するため、基本攻撃を当て続けられれば強力なパッシブアビリティです。

【1番アビリティ】

効果範囲 前方直線
ダメージ 50/80/110/140/170(+攻撃力の35%)
備考 使用後、指定した位置までダッシし、通過した敵にダメージを与える。

2秒以内であれば再度1番アビリティを使用することが出来る。

1回目と2回目のダッシュの間に基本攻撃かアビリティを挟むことが可能。

コメント
ネメシスの立ち回りの中核を成すアビリティです。

攻めに使うのはもちろんのこと、逃げにも使えます。

2回連続で使うことが出来るので、1番で接近→2番(または基本攻撃)→1番で逃げ、といったようなヒットアンドアウェイも可能です。

【2番アビリティ】

効果範囲 前方扇状
ダメージ 45/75/105/135/165(+攻撃力の30%)
CC(持続時間) スロウ30%(2秒)
備考 攻撃範囲の中心部分であてるとダメージが2倍になり、スロウを与える。
コメント
中心部分であてるとそれなりの威力ですが、中心部分以外であてると威力が低めの攻撃アビリティです。

範囲攻撃なのでミニオン処理にも使えます。

スロウ効果が中々なので、基本攻撃を当て続けるためのサポートとして使う感じになると思います。

【3番アビリティ】

効果範囲 自身
シールド耐久力(持続時間) 100/180/260/340/420(2.5秒)
ダメージ反射 50%
HP回復量 受けたダメージの100%
備考 使用後、自身にシールドを張り、攻撃された場合にダメージ反射と自身のHP回復を行う。

強力なCCを受けた場合、即座にシールドが解除される。

コメント
ネメシスが基本攻撃の殴り合いに強い理由2つ目です。

シールド展開することで2.5秒間の間、受けたダメージを反射しつつ、受けたダメージ量に応じて回復します。

ただ忘れがちな効果として、強力なCCを受けると消えてしまうのでそこは注意が必要です。

【4番アビリティ】

効果範囲 指定した敵
ダメージ (現在HPの)20 / 22.5 / 25 / 27.5 / 30%
移動速度奪取量(持続時間) 15/15/20/20/25%(5秒)
防御力奪取量(持続時間) 30%(5秒)
備考 使用後、相手の現在HPに対する割合ダメージと、移動速度と防御力の奪取を行う。
コメント
ネメシスが基本攻撃の殴り合いに強い理由3つ目です。

このULTと2番をあてることで相手の移動速度をがっつり落とすことが出来ますし、防御力も30%減少させます。

ダメージは現在HPに対する割合なのでHPが多い敵に使った方がより多くのダメージを与えることが出来ますが、このULTを使ってキルまで持っていきたいところなので、無理してHPが多い敵にあてる必要もないかな、と感じます。

相性のよさそうなアイテム

・斬石刀

・ヒュドラの嘆き

・疾風の刀

※他のゴッドについてはこちらからどうぞ

スポンサーリンク