【Unity】簡単導入(Unity Hub利用)【日本語】

Unityを導入する方法です。

本記事でUnityのインストールまで行います。言わば入門編というやつです。

初心者が見てもわかりやすいように(というか私が初心者なので、私自身が後で見返してもわかるように)簡単に記載していきます。

 

他のプログラミングに関する記事はこちら

スポンサーリンク


 

【はじめに】

Unityをインストールする方法はいくつかあるようですが、今回はUnity Hubというツールを経由してインストールしていきます。

なので、手順としては大きくわけて以下のような感じになります。

①Unity Hubのインストール

②Unity Hubを使ってライセンス登録(無料)

②Unity Hubを使ってUnityをインストール

 

【Unity Hubとは】

Unity Hubとは、Unityを利用したプロジェクト(=ゲーム)を管理するためのツールです。

他にもUnityに関することを色々サポートしてくれる便利ツールらしいので、導入します。

 

【Unityのインストール】

それでは早速Unityをインストールしましょう。

【はじめに】に記載した通り、まずはUnity Hubのインストールを行っていきます。

 

1.以下サイト(Unity公式サイトのUnity Hubに関するページ)にアクセスします。

https://unity3d.com/jp/get-unity/update

 

2.「Unity Hubをダウンロード」をクリックします。

 

3.ダウンロードしたUnityHubSetup.exeファイルを起動します。

 

4.セットアップウィザードの指示に従ってインストールします。

全部デフォルト設定で問題ないと思います。

インストール完了後、「Unity Hubを実行」にチェックをつけ「完了」します。

 

5.もしUnity Hub起動時に以下のようなメッセージが表示された場合には「アクセスを許可する」で問題ありません。

 

6.Unity Hubが起動されます。

これでUnity Hubのインストールは完了ですが、まだライセンスがない状態です。

なので、次の手順からライセンスを登録(無料)していきます。

 

7.画面下部に出ているメッセージの「ライセンスを管理」をクリックします。

 

8.画面下部に出ているメッセージの「ログイン」をクリックします。

 

9.ログイン画面が表示されます。

この時点でIDは持ってないはずなので、IDを新しく作成するため「IDを作成」をクリックします。

 

10.指示に従って必要な情報を入力していきます。

途中でメール認証があり、以下のようなメールが送信されてくるかと思います。

以下のようなメールが送信されたら、送信されてきたメール内にある「Link to confirm email」をクリックします。

クリック後、ロボットかどうかのチェックがあるのでロボットじゃないことの証明をします。

 

11.ロボットではないことを証明してからUnity Hubの画面に戻り、「続行」をクリックします。

 

12.画面右上の「新規ライセンスの認証」が選択可能になっているはずなので、それをクリックします。

 

13.ライセンス契約を行います。

個人で使う場合は「Unity Personal」>「Unityを業務に関連した用途に使用しません。」を選び「実行」をクリックします。

※詳しい説明は画像下に記載

【Tips】

Unity Personalは無料で、Unity PlusとUnity Proは有料です

・詳しい内容や違いが知りたければ別途検索してもらえればと思いますが、無料版と有料版でそこまで大きな機能の差はないようです

Unity Personal(無料版)のライセンスでも、商用のゲームを作って問題ありません

「Unityを業務に関連した用途に使用しません。」と仰々しく書いてありますが、これを選んだ場合でも商用のゲームを作って問題ありません

ただし、Unityで作ったゲームを販売することで前年度の利益が10万ドル以上(単純計算1000万円以上)出ている場合は、団体(または会社)や個人で使う場合問わず、有料版を使わないと契約違反になります

 

一番最後のTipsだけは覚えておいた方がいいかもしれませんが、ゲーム販売で利益1000万円以上って相当なことがないといかない気がします。

スポンサーリンク


 

14.これでライセンス(無料)の登録は完了です。

次からようやく、Unityのインストールを行っていきます。

画面左上の「←」をクリックします。

 

15.ここがUnity Hubのトップ画面です(最初に表示されたのは環境設定の画面)

このUnity Hubのトップ画面で、画面左側にある「インストール」タブ>「インストール」をクリックします。

 

16.インストールするUnityのバージョンを選択して「次へ」をクリックします。

特に拘りがなければ推奨リリースのもので問題ないと思います。

 

17.必要なモジュールを選択して「実行」をクリックします。

この「実行」をクリックすればUnityのインストールは完了なのですが……このモジュールについては画像以下に少し細かく記載します。

 

【とりあえずどれ選べばいいのよ?】

めっちゃせっかちさん用に記載すると、以下のような感じでいいと思います。

 

PCゲームまたはブラウザゲームを作る予定

→[Platoforms]WebGL Build Support にチェックをつける

 

iOS用のゲームを作る予定

→[Platoforms]iOS Build Supportにチェックをつける

 

Android用のゲームを作る予定

→[Platoforms]Android Build Supportにチェックをつける

 

※上記の条件でチェックをつけたもの以外は全て不要(チェックをはずす)

 

ただし、Unity自体は無料ですがiOS用とAndroid用のゲームは、一般公開するのに以下の通りお金がかかることを知っておいた方がいいです。

iOSの場合 → 毎年約10000円(毎年かかります。例えば3年公開したら30000円かかります)

Android → 約3000円(こちらはiOSに比べ、1回払えば終わりです)

 

上記の通り、Androidはまだ割安なのでよいですが、iOSの場合は毎年結構なお金がかかるので、初めてのゲーム作成には向いてないです。

あとはiOSの場合、動作確認にMacが必要になるはずなので、もしMacを持ってなければMacを用意する必要があります(AndroidはWindowsでイケます)

日本のシェア率はiOSの方が高めなので「iOSアプリを作りたい!」という気持ちは物凄くわかるのですが……(私も同じ気持ちですが……)、初めてのゲーム作成にiOSは避けた方がよい気がします。

もちろん、お金はいくらかかってもいい!俺の情熱は止められないぜ!ということであれば、最初にiOS用のゲームを作成してもいいと思います。

個人的には、PCゲームやブラウザゲームであれば一般公開も無料でいけるので、とりあえずUnityに慣れるまではPCゲームやブラウザゲームがいいのかなって感じます。

Androidも初回に約3000円払えば終わりなので、ありと思います。

 

 

【モジュールについて】

もう少し踏み込んだ内容を以下に記載していきます。

 

・モジュールとは、端的にいうと「機能」です。ここで選んだモジュール(機能)が、インストールするUnityに付属されます

・モジュールは後から追加可能なので、最悪全てにチェックをつけずに実行してもUnityのインストールは(多分)出来ます

・このモジュールの選択は、Unityで何をしたいか(PCゲームを作りたい?それともiOS用のアプリ?等)によって選択が変わってきます

・個人的には以下の項目の意味だけ知って取捨選択するのがいいと思います。

 

[Dev Tools]Microsoft Visual Studio Community 2019

デフォルトでチェックがついているものですが、これは開発用のIDEです。

プログラミング経験者には「Eclipse」や「Android Studio」のようなもの……といえば伝わるかと思います。

IDEは必要なものが予め全てインストールされているため便利ですが、その分不要なもの(使わない機能)も全てインストールされているので、基本動作が重めです。

マシンスペックが高いなら平気ですが……。

自分はIDEはあまり好きではなくVSCodeを使って開発する方が好きなので、今回はチェックをはずしてます。

 

[Platoforms]iOS Build Support

iOS用のゲーム作成をするなら必要なモジュールです。

ただ、iOS用のゲームを公開するには、年会費として約10000円が必要になります(毎年払う必要あり)

 

[Platoforms]Android Build Support

Android用のゲームを作成するなら必要なモジュールです。

ただ、Android用のゲームを公開するには、初回費用として約3000円が必要になります(こちらはiOSと異なり初回のみでよく、毎年払う必要はない)

 

[Platoforms]WebGL Build Support

PCゲームまたはブラウザゲームを作成するなら必要なモジュールです。

 

[Documentation]Documentation

オフライン用のドキュメントです。

恐らくUnityで不明な点が出てきたら都度調べていくことになると思いますので、個人的には不要です。

 

[Language packs]日本語

UnityのUIの表記を日本語にするかどうかです(このモジュールを入れなくても日本語のゲームは作れるのでご安心ください)

メリットとしては、開発時のUIが日本語になるため色々な操作が直感的にわかりやすくなります。

デメリットとしては、Unityの情報を検索した際にはUIの表記が英語表記のものが多いため不明点を調べるのが少し面倒になります。

個人的にはメリットに比べデメリットが重いと感じるので不要です。

 

 

18.以上、長々と書きましたが、追加するモジュールを選択して実行すればUnityのインストールは完了です。

お疲れ様でした。

 

次回はVSCodeとUnityを連携させてHelloWorldの表示をします。

 

他のプログラミングに関する記事はこちら

スポンサーリンク