【WordPress】手動バックアップ取得

WordPressの手動バックアップの方法を記載します。

BackWPupプラグインを使います。

「とりあえず手動でバックアップが欲しいんだ!」人向けに簡素に手順のみ記載します。

※以下サイト様を参考にしています

https://bazubu.com/how-to-use-backwpup-23804.html

スポンサーリンク

WordPressのバックアップ手順

1.WordPressの管理画面を開き、プラグイン>新規追加

 

2.キーワードに「BackWPup」と入力し、今すぐインストールをクリック

※キーワードには「BackWPup」と全文いれること。「Back」とか「BackW」とかだとヒットしません

 

3.「今すぐインストール」が「有効化」に変わるので、「有効化」をクリック

 

4.BackWPup>新規ジョブを追加

 

5.一般タグの「このジョブの名前」をわかりやす名前に変更(20200417等、日付にするのが安定)

※以降はBackWPupの設定となるがデフォルト設定のところは説明省略

 

6.同じく一般タグ内の項目、アーカイブ形式を(Windowsを使用している場合は)「Zip」を選択

※Macの場合はTar GZipらしい

 

7.同じく一般タグ内の項目、バックアップファイルの保存方法で「フォルダーへバックアップ」を選択

※プラグインのVerによってデフォルトでついているときといないときがある? とりあえずつけとく必要があるので選択しておく

 

8.スケジュールタブ、ジョブの開始方法で「手動」を選択

 

9.DBバックアップタブ、バックアップするテーブルを全てチェック

 

10.宛先:フォルダータブ、バックアップを格納するフォルダーの名称を設定。

ここでも「uploads/20210417-backups/」のように日付を名前にするのが安定。

ここまで設定終わったら「設定を保存」をクリック

 

11.BackWPup>ジョブ

 

12.先ほど作ったジョブがあるので、それを「今すぐ実行」

 

13.ジョブ完了まで待つ。

ジョブが完了すると以下の通り表示が変わる。

 

14.BackWPup>バックアップ

 

15.先ほど作成したバックアップが出来ているので、ダウンロードを選択してダウンロードする

 

 

以上。

尚、バックアップから復元する方法は以下サイト様を参考すればよさそう。

https://bazubu.com/how-to-reactivaite-backup-date-23809.html

他のWordPressに関する記事

WordPressまとめ

WordPressに関する記事をテーマごとにまとめています。 「使い方」と「テーマの自作」については、上から順番に見ていくことでわかりやすいように作成しています。 スポンサーリンク [adcode] [outline[…]

スポンサーリンク