カテゴリーの追加と使い方【WordPress】

WordPressのカテゴリーの追加と使い方について、初心者でもわかるように説明していきます。

スラッグや親カテゴリーについても説明していきます。

スポンサーリンク

カテゴリーとは

カテゴリーとは投稿した記事がどういった内容なのかを分類するための機能です。

 

例えば、現在見て頂いているこの記事には「WordPress」というカテゴリーを設定しています。

「WordPress」というカテゴリーをつけることにより、「この記事はWordPressに関する内容が書かれているんだな」というのが一目でわかるようになります。

 

軽視されがちですが、「カテゴリーをしっかりつけているブログ」と「カテゴリーを適当につけているブログ」とでは見やすさが段違いです。

更に、カテゴリーは後から変更するのが(難しくはありませんが)面倒なので、はじめからしっかりとしたカテゴリーをつけることをオススメします。

スポンサーリンク

カテゴリーの追加

WordPressでのカテゴリーの追加方法は至って簡単です。

 

まずはWordPressの管理用画面(サイトのURL/wp-admin/)にアクセスしてください。

WordPressの管理用画面を表示してから、以下の手順で操作します。

 

1.画面左側にある「投稿」をクリックします。

 

2.「投稿」の下にある「カテゴリー」をクリックします。

 

3.カテゴリーの追加の画面が表示されます。この画面で追加したいカテゴリーの情報を入力していきます。

まずは試しに「名前」に追加したいカテゴリー名を入力して、「新規カテゴリーを追加」をクリックします。

※スラッグと親カテゴリーは後述します

 

以上でカテゴリーの追加は完了です。

スポンサーリンク

カテゴリーの使い方

WordPressでのカテゴリーの使い方も至って簡単です。

 

まずはWordPressの管理用画面(サイトのURL/wp-admin/)にアクセスしてください。

WordPressの管理用画面を表示してから、以下の手順で操作します。

 

1.画面左側にある「投稿」をクリックします。

 

2.「新規追加」をクリックします。

 

3.記事の新規追加画面になります。画面右側の方にカテゴリーを設定する項目があるので、設定したいカテゴリーにチェックをつければその記事のカテゴリーを設定できます。

スポンサーリンク

スラッグ

カテゴリーを追加する際にはスラッグという設定項目があります。

最初は聞き慣れない言葉なので抵抗があると思いますが簡単です。

 

スラッグとはそのカテゴリーに関する記事一覧を表示する画面のURLの設定です。

 

例として、スラッグに「WordPress」と入力してみます。


備考:カテゴリーの編集方法

過去に作成したカテゴリーの編集は、WordPressの管理用画面から投稿>カテゴリー>編集で可能です。

編集は編集したいカテゴリーの少ししたあたりにカーソルをあてれば自動的に表示されます。


そうすると、カテゴリー「WordPress」に関する画面(アーカイブページ)のURLが「https://ドメイン名/category/スラッグ名」になります。

 

尚、カテゴリー「WordPress」に関する画面(アーカイブページ)というのは、

記事の一番最後とかで頻繁に目にするカテゴリーをクリックして表示させる、そのカテゴリーの記事のみを表示する画面のことを指します。

 

また、スラッグにはどういった命名をすればいいかについてですが、

一応スラッグは日本語の入力・・・・・・例えば「WordPress」カテゴリーに対し「ワードプレス」というスラッグをつけることが可能です。

 

しかし、スラッグはなるべく英数字で入力した方がよいです。

 

理由は、URLに日本語が使われていた場合には勝手にURLの表記が変わることがあるためです(興味がある方はURLエンコードで調べたら出てくると思います)

 

 

以下の2つのURLを見比べてください。

 

①https://kehalife/category/%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9

②https://kehalife/category/wordpress

 

①の方はスラッグ「ワードプレス」がURLエンコード(勝手にURLの表記が変わる)結果ですが、①のURLからはリンク先が一体何のカテゴリーの画面なのかわからないですよね?

②の方はスラッグ「wordpress」を設定していますが、英数字はURLエンコード(勝手にURLの表記が変わる)されることがないので、どのような状態でもわかりやすいURLとなります。

 

URLはあまりユーザーが意識しない部分ではありますが、例えばリンクを貼ってもらった場合に

 

詳しくは→https://kehalife/category/%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9

 

と記載されるよりも、

 

詳しくは→https://kehalife/category/wordpress

 

と記載された方が自分のブログに来てくれる確率があがります(アクセス数アップに繋がります)

そのため、スラッグは英数字を入力した方が無難です。

スポンサーリンク

親カテゴリー

カテゴリーを追加する際には「親カテゴリー」という設定項目があります。

この親カテゴリーでは、そのカテゴリーが何のカテゴリーに分類されるかを設定できます(階層構造を持つことが出来ます)

 

例えば、和食に関する情報を投稿する「和食」カテゴリーがあったとします。

他にも、洋食に関する情報を投稿する「洋食」カテゴリーがあったとします。

この「和食」と「洋食」のカテゴリーを「料理」というカテゴリーでまとめる、というのが親カテゴリーです。

(イメージ図)

こうすることで、

 

料理に関する記事を見たい! という人は「料理」カテゴリーの画面(https://xxxxxx.com/category/ryouri)を表示すれば「和食」カテゴリーと「洋食」カテゴリーの記事が一覧になって表示されます。

料理の中でも特に和食に関する記事を見たい! という人は「和食」カテゴリーの画面(https://xxxxxx.com/category/ryouri/wasyoku)を表示すれば「和食」カテゴリーの記事のみが一覧になって表示されます。

 

カテゴリー作成のコツ

WordPressのカテゴリーについて長々と記載してきましたが、ここまで読んでくれた方のために私なりのカテゴリーの作成のコツについて記載してみます。

私がカテゴリーを作成する際に気をつけていることは、以下の2点だけです。

 

①カテゴリーの数は出来るだけ少なく出来るように命名する

②一目見て何のカテゴリーかわかる名前をつける

 

まず①カテゴリーの数は出来るだけ少なく出来るように命名するについてですが、これは少し想像してみればわかることではありますが、カテゴリーの数は出来るだけ少ない方が将来的に見やすいブログになります。

 

例えば、記事数が同じ1000あるブログだったとしても、「カテゴリーが500あるブログ」と「カテゴリーが10あるブログ」では後者の方が見やすいです。

 

記事数が1000もあるのに、

「お米を煮る料理」

「豆腐を煮る料理」

「ネギを煮る料理」

「お米を焼く料理」

「豆腐を焼く料理」

(エンドレス)

 

なんて、カテゴリーがたくさん用意されていても見る側からすれば混乱するだけです。

 

 

それよりも記事数が1000もあるのに、

「煮る料理」

「焼く料理」

「茹でる料理」

以上!

 

みたいに、カテゴリーは少ない方が見る側は混乱しません。

 

 

次に②一目見て何のカテゴリーかわかる名前をつけるについてですが、これも少し想像してみればわかることではありますが、カテゴリーの名称から何の記事のまとまりなのか想像できないとカテゴリーをつける意味がないです。

 

例えば、極端な話ですが「なんとなく」なんてカテゴリーがあったとしても、そのカテゴリーを見る側からすればそれが一体どういった記事のまとまりなのかが想像つきません。

それではせっかく作ったカテゴリーも全く意味のないものとなってしまいます。

 

それよりも、上記の例を使うのであれば「毎日生きてきてなんとなく思ったこと」なんて命名にしてあげたら、見る側からしてもそれが一体どういった記事のまとまりなのかを想像がつきます。

スポンサーリンク

最後に

以上で、WordPressのカテゴリーの追加と使い方についての記事は終わりとなりますが、案外適当に追加してしまいがちなカテゴリーも、ブログを見に来てくれた人のことを考えに考えていくと意外と奥が深い機能だと感じますね。

素敵なブログをつくっていくためにもカテゴリーの追加からしっかりとおさえていきたいですね。

他のWordPressに関する記事

WordPressまとめ

WordPressに関する記事をテーマごとにまとめています。 「使い方」と「テーマの自作」については、上から順番に見ていくことでわかりやすいように作成しています。 スポンサーリンク [adcode] [outline[…]

スポンサーリンク