【プラグイン】Slim Stat Analytics -導入-【アクセス解析】

WordPressのアクセス解析に使えるプラグイン「Slim Stat Analytics」について記載していきます。

他にも色々なアクセス解析のプラグインがありますが、WordPress初心者の私でも「Slim Stat Analytics」は

・導入がすごく簡単(ものの数分で可能)

・初心者でも楽にインストールが可能

だったので、WordPressを入れて「アクセス解析の導入方法がいまいちわからない」という人は、まずは「Slim Stat Analytics」の導入にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Slim Stat Analytics導入

まずは「Slim Stat Analytics」の導入方法です。

導入方法は以下の通り。

 

1.WordPress管理画面の左側にある「プラグイン」をクリックします。

 

2.「新規追加」をクリックします。

 

3.キーワードに「SlimStat」と入力し、検索します。

 

4.「Slimstat Analytics」を「今すぐインストール」します。

 

5.インストールが完了したら、「今すぐインストール」だったボタンが「有効化」に変わります。

変わったら「有効化」をクリックします。

 

以上で導入は終了です。

ね?簡単でしょう?

ちなみにアクセス解析の作業は、画面左側に追加された「Slimstat」の項目から行っていくことになります。

スポンサーリンク

Slim Stat Analytics基本設定

小難しい設定は次回の記事で掲載しますが、まずは以下の設定を行いましょう。

 

1.WordPressの管理画面の左側にある「Slimstat」のメニューの中から、「設定」をクリックします。

 

2.「Basic」タブ内の「Track Admin Pages」を「OFF」にします。

 

3.「フィルター」タブ内の「Track WP Users」を「OFF」にします。

 

この設定により、自分自身をアクセス解析の調査対象から外すことが出来ます。

恐らく、記事を投稿した後とかは自分で自分のサイトに訪れ、どのようになっているかを最終チェックしたりしていると思いますが、そういったものがアクセス解析の結果に反映されると正しい数値が計測できなくなってしまいます。

そのため、これらの設定を行うことで、そういった問題を解決しています。

スポンサーリンク

Slim Stat Analyticsカスタマイズ

「カスタマイズ」というと難しく聞こえますがが、ここでは「どこで」「どんな情報を見るのか」を設定していくだけです。

 

1.WordPressの管理画面の左側にある「Slimstat」のメニューの中から、「Customize」をクリックします。

 

2.以下のような画面が表示されます。

 

この画面の意味は、「どこで」「どんな情報を見れるようにしますか」っていうのを設定しているだけです。

上記図の上の赤枠から順に説明していきますと、


Inactive Reports

表示しない情報です(ここにある情報は見ることが出来ない)

WordPress Dashboard

WordPressの管理画面の左側にある「ダッシュボード」に出す情報です。

Access Log

WordPressの管理画面の左側にある「Slimstat」メニューの「Access Log」に出す情報です。

概要

WordPressの管理画面の左側にある「Slimstat」メニューの「概要」に出す情報です。


といった具合になっています。

試しに、「Slimstat」メニューの「Access Log」に「Visitors Activity」というのを表示する設定(初期設定)で、「Slimstat」メニューの「Access Log」を開いてみると、

 

上図赤枠の通り、Visitors Activityの内容が表示されていますね。

尚、アクセス解析ツール全般に言えることですが、表示するデータがないと何も表示されないためインストール直後には何も表示されません。

 

 

これで、一通りの説明は終了です。

次回は、具体的なデータの見方を記載していきます。

 

次回記事

関連記事

前回に続いて、WordPressのアクセス解析用プラグイン「Slim Stat Analytics」の見方について紹介していきます。 今回は「Visitors Activity」と「PV」の見方についてご紹介! スポンサーリンク[…]

他のWordPressに関する記事

WordPressまとめ

WordPressに関する記事をテーマごとにまとめています。 「使い方」と「テーマの自作」については、上から順番に見ていくことでわかりやすいように作成しています。 スポンサーリンク [adcode] [outline[…]

スポンサーリンク