【使い方】記事の投稿 – スラッグ

今回はWordPressでの記事の投稿に関する記事「スラッグ」について書いていきます。

聞きなれない単語ですが、スラッグを使うことでアクセス数アップ(SEO対策)にも繋がる?ため、聞きなれない単語だけどもしっかりと覚えていきましょう。

スポンサーリンク

スラッグについて

カテゴリーに関する記事でも記載した通り、スラッグの設定はカテゴリーの追加時に行うことが出来ます。

※参考までに自分が使っているカテゴリー「WordPress」のスラッグは、以下のように設定しています。

 

このスラッグに入力するとどのようなことが効果があるのしょうか?

 

答えは簡単。

スラッグで設定した文字は、カテゴリーの一覧を表示する際のURLの一部になります。

 

URLの一部に出来るって、それに何の意味があるの?

 

確かに一見、どうでもいいことのように思えます。

今時、URLを打ってサイトを見に来る人なんていませんでしょうし。

大抵の人が、どこかのサイトのリンクから来た、とか、日本語で検索してやってきた、のどちらかでしょう。

サイトを見に来るのに、いちいちURLなんて気にしません。
 

しかし。

 

 

もし以下のようなリンクが貼られていた場合、あなたはどちらのリンクをクリックするでしょうか。

 

・https://kehalife.com/%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9/slug

・https://kehalife.com/WordPress/slug

 

恐らくほとんどの人が後者をクリックするかと思います。

そして、実はこの2つのURL、実は同じ意味のURLなんですよね。

 

 

 

……何を言っているのかわかりませんよね。

簡単に説明します。

 

 

ネットをしているとよく目にする「URL」ですが、実はこれ、日本語を入力することが出来ません。

日本語が設定されているURLは、URLエンコードという処理がされて表記が変わってしまうのがインターネットのルールです。

 

だからさっき例に挙げた2つのURLですが、前者の方は実は「https://kehalife.com/ワードプレス/slug」というURLがURLエンコードという処理がされて、あんなよくわからないURLになっていたんですね。

 

以上のことから、スラッグに設定するURLは「URLから何の情報かわかる英数字」がオススメです。

 

他にも、スラッグに「URLから何の情報かわかる英数字」をつけることによってSEO対策にもなる……らしいです。

が、そこは今のところ実感はありません。

「SEO対策」は自分も興味があるのでいずれSEO対策に関する記事を書きますが、今軽く説明しておくとSEO対策とは、「Googleとかで検索したときに、なるべく上位(1ページ目とか)に表示させるようにする方法」のことを言います。

検索されたときにページの上位に出すのはアクセス数アップにかなり(もしかしたら一番)効果的なので、スラッグも念のため考えて設定しましょう。

他のWordPressに関する記事

WordPressまとめ

WordPressに関する記事をテーマごとにまとめています。 「使い方」と「テーマの自作」については、上から順番に見ていくことでわかりやすいように作成しています。 スポンサーリンク [adcode] [outline[…]

スポンサーリンク