【テーマの自作】構成

WordPressのテーマの自作にあたり、まず最低限のことを入門編に記載しました。

次に、WordPressのファイルの構成(それぞれのファイルがどんな役割を持っているのか)について説明します。

1つ1つのファイルの詳細については、そのファイルを編集するときに説明するので、今回は全体像といいますか

「こんな感じの構成になっているんだな」

という感覚をわかって頂ければと思います。

スポンサーリンク

構成

入門編に記載した通り、WordPressのテーマの自作には主に以下のファイルが必要となります。(重要だと思う順に記載しています)

・index.php
・header.php
・footer.php
・sidebar.php
・archive.php
・page.php
・single.php
・function.php
・style.css
・404.php

それぞれのファイルの役割は以下の通りです

冒頭にも記載した通り、この章では、それぞれのファイルがどんな役割なのかざっとわかれば問題ないですよ☆

index.php

ホーム画面を表示した際に使用されるファイルです。

ホーム画面で表示させる内容はこのファイルに記載します。

ちなみにホーム画面というのは、URLで何もしていないところのトップの画面のことを言います。

本サイトの場合はhttps://kehalife.com/を表示したところの画面です。

header.php

ヘッダー部分の表示内容を記載するためのファイルです。

尚、ヘッダーというのは、header.php作成の記事で説明しますが、大まかに言うとサイトの上部にある「サイト名」だったりが記載されているエリアですね。

WordPressは、各エリアごとに記載を分けてファイルを用意します。

ここで作成したheader.phpは、index.phpやarchibe.phpから呼び出して、ヘッダー部分を表示させます。

footer.php

フッター部分の表示内容を記載するためのファイルです。

尚、フッターというのは、footer.php作成の記事で説明しますが、大まかに言うとサイトの下部のエリアを指します。

本サイトの場合、コピーライトが記載されているあたりです。

このfooter.phpもheader.phpと同様に、index.phpやarchibe.phpから呼び出してフッター部分を表示させるのに使います。

スポンサーリンク

sidebar.php

サイドバー部分の表示内容を記載するためのファイルです。

尚、サイドバーというのは、sidebar.php作成の記事で説明しますが、大まかに言うとサイトの右部(もしくは左部)のエリアを指します。

本サイトの場合、右側にある「カテゴリー」とか「アーカイブ」があるエリアです。

このsidebar.phpもheader.phpやfooter.phpと同様に、index.phpやarchibe.phpから呼び出してサイドバー部分を表示させるのに使います。

archive.php

カテゴリー別表示や、日別表示に切り替えたときに使用されるファイルです。

カテゴリー別や日別に表示形式を切り替えた場合は、ここに記載されている内容で表示されます。

index.phpと使い方が似ているかなぁ、と思います。

詳しくはarchive.phpを作成する際に説明します。

page.php

固定ページを表示させたときに使用されるファイルです。

固定ページを表示させた場合には、このpage.phpに書かれている内容で画面が表示されます。

本サイトで言えば、画面上部にある「お問い合わせ」をクリックしたときに表示される画面です。

スポンサーリンク

single.php

投稿記事を表示させた際に使用されるファイルです。

今、WordPressの「構成」という記事をまさしく見て頂いていると思いますが、まさにこの画面の表示内容を記載するファイルです。

function.php

WordPressのテーマの作成には、phpの関数というものがたくさん使われています。

その関数は自作することが可能です。

関数を自作する場合には、このfunction.phpに関数の処理内容を記載します。

style.css

各画面のデザイン内容を記載するファイルです。

これはWordPressのテーマの自作というよりもWebページを作る共通のことなので、特殊なものではないです。

そのため、本サイトではあまり取り上げないかと思われます。

詳しく知りたい場合には、「css」でGoogle先生に聞いたら詳しく記載されていると思います。

スポンサーリンク

404.php

404……つまり、PageNotFoundエラーが発生したときに使用されるファイルです。

PageNotFoundエラーとは、実在しないページにアクセスしようとしたときの画面です。

例えば、本サイトで言えばhttps://kehalife.com/aiueoなんてページは用意されていないので、表示させようとすると404エラー(PageNotFoundエラー)になります。

ちなみに、このファイルを用意していない場合は、ホーム画面(index.php)を表示させます。

まとめ

現時点で全てのファイルの意味を覚える必要はありませんが、大まかな役割を理解しておくとWordPressのテーマの自作においては比較的やりやすくなるのではないかと思います。

他のWordPressに関する記事

WordPressまとめ

WordPressに関する記事をテーマごとにまとめています。 「使い方」と「テーマの自作」については、上から順番に見ていくことでわかりやすいように作成しています。 スポンサーリンク [adcode] [outline[…]

スポンサーリンク